サッカー

田中碧の高校時代は学年トップ10の優等生!サッカーの実力もすごかった?

田中碧の高校時代は学年トップ10の優等生!サッカーの実力もすごかった?

プロサッカー選手の田中碧さん。

実は高校時代は、学年で上から10番目に入るほど優秀な成績を持つ優等生だったんです!

では、学業以外について…高校時代のサッカーの実力はどうだったのでしょうか?

そこでこちらの記事では、田中碧さんの高校時代のサッカーの実力や学歴についてまとめてみました。

田中碧の中学・高校・大学の学歴を一覧化!

田中碧さんの出身校はどこなのか、中学・高校・大学それぞれ調べたので一覧で見ていきましょう。

時期 出身校 偏差値
2011~2013 川崎市立有馬中学校
2014~2016 神奈川県立新城高等学校 59(2022年4月3日時点)
2017 川崎フロンターレ所属

調査した結果、田中碧さんは大学へは進学しなかったことが分かりました。

何故かというと、高校卒業後はすでにプロサッカー選手として活動していたからなんですね。

2017年、田中碧さんは川崎フロンターレに所属しています。

最終学歴となる新城高校の偏差値は59と、かなり高いですね!

田中碧の高校時代の実力は?

田中碧さんは高校ではどんな選手だったのでしょうか。

まずは高校時代についてまとめてみました。

出身高校の偏差値や同じ高校出身のサッカー選手

田中碧さんは2014年~2016年、神奈川県立新城高等学校に通っていました。

新城高校は進学校で、偏差値は59です。(2022年4月3日時点)

同じく新城高校出身のサッカー選手の方もいらっしゃいました。

三好康児さんは田中碧さんの2学年上で、2022年現在はベルギーのロイヤル・アントワープFCに所属しています。

岡田優希さんはテゲバジャーロ宮崎に所属している選手で、三好康児さんと同じく田中碧さんの2学年上です。

同じ高校からプロサッカー選手が同時期に3人も輩出されているなんて、凄すぎてびっくりしました!

高校時代は学力トップ10に入る優等生だった!

田中碧さんは頭も良かったことが分かりました!

2020年、サッカーダイジェスト8/27号(2020年8月12日発売)の川崎フロンターレ特集にて、田中碧さんの高校時代の話が掲載されています。

そこには、田中碧さんは高校時代に学年でトップ10に入る学力であったことが書かれていました。

新城高校は毎年早稲田大学や慶応大学に多くの合格者を輩出しているほどの進学校です。

そこでトップ10に入るということは、勉強も疎かにしないで日々努力されていたことがよく分かりますね。

高校時代のサッカーの実力は?

では、田中碧さんの高校時代のサッカーの実力はどうだったのでしょうか。

田中碧さんは高校生のときは川崎フロンターレのUー18に所属していました。

ユース時代にはエースが背負うと言われる背番号10をつけることもあり、この頃からチームを引っ張る立場にあったようです。

高校3年生の2016年7月22日には、Uー18からトップチームへ昇格すると発表されています。

高校生のときにはすでに実力に磨きがかかっていたのですね!

田中碧の中学時代は?

田中碧さんの中学生時代についても調査してみました!

出身中学の偏差値

田中碧さんの出身中学は、川崎市立有馬中学校です。

普通の市立中学のため、偏差値の公表などはありません。

ちなみに小学校は川崎市立鷺沼小学校でした。

鷺沼小学校出身の場合、ほとんどの人は学区の関係で有馬中学校に入るようです。

田中碧さんは高校までは特に受験などはせず、地域の小中学校に通っていたのですね。

中学時代のサッカー経験

田中碧さんは中学生時代、川崎フロンターレのU-15に所属していました。

色々なことに心が動く年頃で一時はサッカーに対して気持ちが落ち込んでいましたが、中学3年で転機が訪れました。

川崎フロンターレのオフィシャルウェブサイトに、以下のように田中碧さんの話が載っています。

中学3年の12月からフロンターレU-18チームに昇格するメンバーたちは、U-18の練習に合流するようになった。そこで、碧たちU-15の選手たちはBチームの練習に合流した。それまで、主に「同級生」としかサッカーをやってこなかったという碧は、先輩たちの姿をみて衝撃を受けた。

「全然違ったし、これはヤバイなって思いました」

それからの碧は、すぐに気持ちを切り替えた。

出典:https://www.frontale.co.jp/

中学3年生でさらに上のレベルの人達を見て、努力をすることに気付いたのですね。

それからはひたすら練習を積み重ね、U-18に昇格してからは徐々にベンチメンバー、スタートメンバーに名を連ねるようになります。

やはり努力すること、練習することは何事においても大切ですね!

田中碧の高校卒業後の進路や実績は?

田中碧さんは高校卒業後、大学へは進学していません

学生時代からサッカーの実力を認められていたため、高校卒業後の2017年には正式に川崎フロンターレに所属しプロサッカー選手となりました。

さらに、2021年8月からはドイツのツヴァイテリーガ・フォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付き移籍をしていましたが、2022年3月28日、完全移籍が決定しています。

2022年3月28日のSponichi Annexには、次のように語られています。

デュッセルドルフが付帯していた田中の買い取りオプションを行使することが判明。複数のドイツサッカー関係者が明かした。

スタメンは14試合にとどまっており、決して納得のいくパフォーマンスを発揮し切れているとはいえない。だが日本代表では豊富な運動量と機を見た攻撃参加、高い危機察知能力で欠かせない存在になっている。

出典:https://www.sponichi.co.jp/

と掲載されていました。

田中碧さんの今後に期待が寄せられているようですね♪

まとめ

ここまで田中碧さんの学生時代、主に高校時代について調査してきました。

その結果、田中碧さんは進学校の新城高等学校出身で、学年でトップ10に入るほど頭が良いことも分かりました!

さらに、大学には進学せず、川崎フロンターレ、ドイツのデュッセルドルフとサッカー選手としてのフィールドを広げ続けています。

2022年ワールドカップでも大いに活躍してくれるのではないでしょうか!

error: Content is protected !!